北ア展望
HOME > 山のルール

登山の注意点

会のワッペン

○体力や経験に応じた登山計画を立てましょう。
○実力に合ったコースを選び、安全な計画を立てましょう。
○単独登山は厳禁です。経験豊富なリーダーと山に登りましょう。
○リーダーの指示に従い、仲間と助け合って山登りをしましょう。
○暗くなる前に山小屋やテント場に到着するように早めに出発しましょう。
○警察署や登山届回収ボックスに登山届を提出してください。また、所属山岳会と家族にも行き先を伝えてください。
○交通機関を利用する際、ザックはできるだけ隅に置きましょう。
○山での挨拶は良い習慣ですが、強要すべきではありません。多数のパーティでは代表者に声をかけ、他の人には会釈だけで十分です。
○登山道歩行中は、仲間にあまり話しかけないようにしましょう。特に険しいコースでは集中力が必要です。
○休憩時のザックは、ほかの登山者の邪魔にならないような場所に下ろしましょう。
○登山道では、「登り優先」です。下りの人は登りの人に道を譲りましょう
○山小屋では、高笑いや大声での雑談は慎み、早めに就寝しましょう。また、荷物の整理整頓に心がけましょう。
○キャンプ指定地以外でのテント設営は禁止されています。山の水や生態系を保護しましょう。
○登山道以外には立ち入らないようにしましょう。高山植物や高山の動物は貴重な宝物です。
○自分の「ゴミ」は、自分で持ち帰りましょう。埋めたりするのもいけません。
○山小屋利用であっても、天候の急変等に備え、ツェルトザック(簡易テント)等を携行することも大切です。 (山では100m登るごとに、気温が0.6℃ずつ下がります。風速が1メートル強くなるごとに体感温度が摂氏1度くらい下がります。)


会員の部屋
menu
link Get Adobe Reader
Copy Right(C)2012 The St. Goose Mountaineering Club All rights reserved.